試合の時の栄養状態の整え方徹底解説! | Sports Nutrition Lab

試合の時の栄養状態の整え方徹底解説!

 

こんにちは!

スポーツ栄養サポーター

中野卓です!

 

 

今回は、

 

 

「試合の時の栄養状態を整えるには?」

 

 

という内容を

お伝えしていきます!

 

 

 

前回は、ベストが出ない

たった1つの原因について

解説してきました。

 

その原因とは、

 

 

ことでした。

 

 

栄養状態が整わないと

せっかく練習しても

力を出し切ることができず

練習の効果が小さくなります。

 

フォームも定着しにくいですし

綺麗なフォームになっても

力が出せなければ

ベストには繋がりません。

 

 

逆に、栄養状態が整うと

毎回の練習で全力を出し切り

練習の効果を最大限に

得ることができます。

 

フォームを綺麗にした効果も

しっかり現れるようになり、

ウェイトトレーニングで

身体作りをしている時にも

栄養状態が整うとしっかりと

身体が大きくなってきます。

 

なので、ベストを出すためには

栄養状態を整えることが必須です!

 

 

逆に食事や栄養状態を整えることで

ベストを出すことができ、

目標としていた大会に出場できたり

大会で表彰台の上からの景色を見れたり

といったことが

達成できるようになります!

 

 

 

 

僕も高校の時に

全くベストが出ない時期が

ありました。

 

 

僕は幼稚園の時にスイミングを習い始め

小学5年生の時に

選手として水泳を始めました。

 

中学までは順調にタイムが

伸びていきました。

 

自分が頑張った分だけタイムとして

結果が出るので、その面白さに

魅了されて毎日水泳のことしか考えない

日々が始まりました。

 

(黒いキャップが中学時代の僕です)

 

大会に出て優勝する機会も増え、

さらに上の大会に出たいという

目標も持つようになりました。

 

中学の間は苦労もありましたが

順調にタイムが伸びていきました。

 

 

しかし、高校に入ってからは

全くタイムが伸びない時期

訪れました…。

 

 

高校受験の影響も

あったかもしれませんが、

全くタイムが伸びる気配がなく

 

「このままでいいのだろうか?」

 

という不安や焦りの中

練習を続けていました。

 

そして不安を払拭するために

その時の僕は毎日の練習に

プラスで自主練を2時間追加し、

ウェイトトレーニングも取り入れました。

 

しかし、どんどん疲れていくばかり

全くベストには繋がりませんでした…。

 

それどころか、顧問の先生からは

 

 

と怒鳴られたこともあり、

 

もう水泳をやめようか…。

 

と真剣に悩んだこともありました。

 

 

 

そんな時に、たまたま

スイミングマガジンを開くと

栄養の特集がされていました。

 

 

僕はそれを見て、

 

「そういえば栄養については

取り組んだことがなかったな」

 

と思い、栄養を学び始めました。

 

最初は難しい内容で

挫折しそうになりました。

 

しかし、

 

 

 

 

その一心で栄養を学び

実践に移しました。

 

 

すると、毎日の練習で

しっかりと力を出して

追い込むことができるようになり、

どんどん練習の質が上がりました。

 

毎日の練習で100%の力を

出し切れるようになったのです!

 

練習で測定するタイムも

ベストに近いタイムになってきて、

栄養を実践した手応えを

感じ始めました。

 

高校2年の冬には

2年間出なかったベストを

更新することもできました。

 

 

そして高校最後の夏。

 

県大会で8位に入り、

目標としていた

地方大会出場を

決めることができました!

 

 

そして引退試合でもベストを出して

終わることができました!

 

 

 

こうした経験から、

 

「栄養って本当に大切だな」

 

と実感し、大学・大学院では

さらに栄養について詳しく

学びたいと思い、

スポーツ栄養学を専攻しました。

 

 

 

大学院時代には

ネズミを使って

栄養素を与えることで

トレーニング効果にどのような

影響を及ぼすかというテーマで

論文を執筆し、

学会発表も行いました。

 

 

 

その後、トレーニングジムに就職し

トレーニングの始動を行いながら

親子1000組の栄養のサポート

行いました。

 

今はその経験を活かして

スポーツを頑張っているお子様の

栄養サポートを行っています。

 

 

ある選手は、僕と同じで高校に入ってから

全くベストが出ていませんでしたが、

サポートを始めて3ヶ月後には

2秒ものベストを更新しました。

新聞にも掲載された

報告していただきました!

 

 

また、サポート開始時には

様々な体調不良があった選手が

3ヶ月後にはコンディションが整い、

そのさらに3ヶ月後には

大会で優勝したと報告してくれました。

 

 

競泳マスターズ世界新を持っている

中野智啓選手のサポートも行い

絶賛のお声もいただきました。

 

 

このように、僕自信栄養の大切さを

身をもって実感し

大学院まで専門で学んできて、

学んできたことをお伝えして

結果を残してくれている選手が

たくさんいて、とても嬉しいです!

 

 

僕は水泳が大好きでした。

それは、

 

「過去の自分と戦えるから」

 

です。

 

水泳はタイムという形で

結果が現れます。

 

ベストが出たということは

過去の自分を乗り越えたということ。

 

その瞬間に味わう達成感は

言葉に表すことができませんでした。

 

その瞬間のために、

毎日の苦しい練習も

乗り越えることができました。

 

そして、僕は栄養を学無ことで、

全くベストが出ない時期を

乗り越えることができました。

 

なので、今は

 

 

 

 

ということをテーマに

スポーツ栄養について

皆さんにお伝えしています!

 

 

僕のお伝えする栄養で

1人でも多くの選手に

達成感を味わってほしい!

 

なので、僕がこれまで学んできたことを

あなたにもお伝えしたいと思っています!

 

 

 

 

 

 

少し自己紹介が長くなってしまいましたが、

ここでお伝えしたかったのは、

 

 

試合直前だけでなく、

毎日の食事を意識しないと

試合時の栄養状態が整わない

 

 

 

 

ということです!

 

 

 

 

身体が変わるのにはやはり

数ヶ月という時間が必要です。

 

 

試合前だけ練習する選手は

いないですよね?

 

 

普段からコツコツ練習を

積み重ねることでフォームも

改善されてくるし持久力やパワーも

ついてきますよね。

 

栄養になると、

すぐに結果を追い求める選手も

見かけるのですが、

栄養もコツコツと続けた選手が

最後に笑っています!

 

なので、試合時のコンディションを

整えるためには、

 

「普段の食事を見直すこと」

 

これが遠いように見えて

最短ルートなのです!

 

今回はこのことを

一番お伝えしたかったです!

 

 

とはいえ、試合前に

何を食べたらいいかも

やはり気になるところかと

思います!

 

そこで、明日の配信では

試合前にベストを出せる

食事法を解説した動画を

プレゼントしたいと思います!

 

 

明日もいつもと同じ

19時に配信予定ですので、

お楽しみにお待ちください!

 

 

タイトルとURLをコピーしました